「文化庁メディア芸術祭ネットワークス」仙台巡回

NEWSText: Satsuki Miyanishi

© Google

文化庁メディア芸術祭国内巡回事業では「文化庁メディア芸術祭ネットワークス」と題し、全国の美術館やフェスティバルを巡回し、受賞作品の展示や上映を行うことで文化庁メディア芸術祭の魅力を紹介する。

ADVERTISEMENT

岡山、東京、神戸、長崎、仙台の5カ所で実施する「展示プログラム」のうち、最終の会場として、1月22日(日)から、せんだい演劇工房10-BOXをメイン会場に「文化庁メディア芸術祭ネットワークス」仙台巡回が開催される。仙台巡回では、文化庁メディア芸術祭のアート部門に焦点をあて、昨年度の優秀賞受賞作品である『NIGHT LESS』を展示するとともに、作者である田村友一郎氏の創作活動や作品の魅力を丁寧に紹介する。

会場では、歴代受賞作品の変遷を軸に、文化庁メディア芸術祭の15年間の歩みも紹介される。また、会期中には、第14回文化庁メディア芸術祭の映像作品も上映され、アート、エンターテインメント、アニメーションの各部門から選ばれた、新しい視覚体験や表現の幅の広がりを感じさせる作品を集めたプログラムとなっている。

メイン展示『NIGHT LESS』は、全編がGoogleストリートビューのイメージだけで構成されたロードムービーとなっており、ネブラスカ、千葉、アラスカ、ポルトガル、マルセイユを舞台に国を越えて物語は繰り広げられていく。そこには決して夜は訪れない。前半は作家本人のアフレコ、後半はYouTube の音声などを使用して構成。撮影せずにつくられた映画は、果たして「映画」といえるのだろうか。。

1 月27 日(金)に、『NIGHT LESS』の作者である田村友一郎氏を迎え、仙台市民と作家によるコラボレーション作品を発表する。

1月28日(土)11時よりTRUNK | CREATIVE OFFICE SHARINGにて田村友一郎氏のトークショーを開催。

「文化庁メディア芸術祭ネットワークス」仙台巡回
会期: 2012年1月22日~1月29日
会場:せんだい演劇工房10-BOX(メイン会場)
時間: 10:00~17:00
入場料:無料
住所:宮城県仙台市若林区卸町2-12-9  

Text: Satsuki Miyanishi

【ボランティアスタッフ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE