小林史子展「MISTLETOE」

NEWSText: memi mizukami

PHOTO:Node Point 2011 Installation view (part) Copyright© Fumiko Kobayashi

小林史子による個展”Mistletoe”がINAXギャラリー2にて開催される。

空間全体に、既にその場所にあるモノに自分自身の持ち物などを足して組み直して構築するインスタレーションを制作する彼女の作品は、非常に見た目に面白い。2006年に東京藝術大学の修士課程を修了後、国内はもとよりヨーロッパやアジアにおいて展示やワークショップを行い高い評価を受けている。家具や自転車から解体された家一軒に至るまで、時に空中に高く積み上げ、壁一面に 押し込められ、異なるサイズの空間へと移されるなど、高い構築力と構成力とを兼ね備えた作品は見る者に迫ってくるようだ。

ADVERTISEMENT

今年震災前に行われた水戸芸術館での「クワイエット・アテンションズ 彼女からの出発」展での作品「Node Point」では、水戸市内の放置自転車52台を解体し、圧倒的な迫力を見せた。この結節点という意味のタイトルは、全体よりも結合部分にこそ何かがあり、それが全体 へどのように影響しているのか、日々の営みのうちに起こる小さな事件が積み重なって大きくなるよ うに、過去の経験を集積して次の行動へと移す自分のリアリティを繫がりというキーワードで見せてくれた。

直前に滞在したドイツでの制作を踏まえ、今回の展示のタイトルは、宿り木という意味の”Mistletoe”と名付けられたそうだ。そう言えば彼女の作品からは、宿り木に似たなにか印象を受けたことを良く覚えている。どのような表現で楽しませてくれるだろうか、是非直接見て、感じてみて欲しいと思う。

アーティストトーク:10月7日 18:00~19:00

小林 史子展 “Mistletoe”
会期:2011年10月6日〜10月24日
休館:日曜・祝日
会場:INAXギャラリー2
住所:東京都中央区京橋 3-6-18 LIXIL:GINZA2F
TEL:03-5250-6530
企画:制作株式会社LIXIL
http://inax.lixil.co.jp

Text: memi mizukami

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE