「生誕100年 あっぱれ太郎」展

NEWSText: mariko takei

今年の2月26日で岡本太郎は生誕100年を迎える。その記念すべき年のはじめとして、岡本太郎の活動を振り返る、「生誕100年 あっぱれ太郎」展が川崎市岡本太郎美術館で開催されている。展覧会は4月3日まで。

ADVERTISEMENT

戦後の日本で、岡本太郎はアヴァンギャルド(前衛)をキーワードとして多彩な芸術・言論活動を行い、強烈な存在感を示してきた。既成の美術の枠組みにとらわれず、それを凌駕する岡本太郎の活動の軌跡は、現代に生きる私たちにますます重要な示唆を与えはじめている。展覧会では、その先駆けとなった作品《夜》を始めとする、絵画・彫刻・工芸、書やグラフィックデザイン、テキスタイルデザインなど、幅広く世に芸術を発信した岡本太郎の多彩な芸術活動の一端が展開される。

また、同美術館では企画展として、「生誕100年 人間・岡本太郎」展の前期が、4月16日〜7月3日まで、後期が7月7日〜9月25日まで開催される予定。詳細はウェブサイトまで。

「生誕100年 あっぱれ太郎」展
会期:2011年1月22日(土)〜4月3日(日)
開館時間:9:30〜17:00(入館は16:30まで)
休館日: 月曜日(3月21日を除く)、3月22日
会場:川崎市岡本太郎美術館
住所:神奈川県川崎市多摩区枡形7-1-5
TEL:044-900-9898
料金:一般600円/高大学生・65歳以上400円/ 中学生以下 無料
http://www.taromuseum.jp

Text: mariko takei

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE