台北ビエンナーレ 2016

HAPPENINGText: Cindy Tai

今年のビエンナーレは議論の余地に満ちている。シンポジウムでは、今日の芸術の文脈に関連する進行中のプロジェクトと研究、講演、プレゼンテーション、ディスカッション、上映、音楽イベント、公演、歴史、理論について、さまざまな方法論によって提起され議論が行われた。

TB16-02_Peter-Friedl
キュレーター、コリーヌ・ディゼレンス

フィクション作家のマキシ・オベクサーは「政治的著作とその条件」とアマンディープ・サンドゥは、「記憶を綴るものとしての作家」、ゲディミナス・ウルボナスは「精神病の家」に焦点を当て、現代の自然科学とバイオテクノロジーの未来と想像力について議論した。

TB16-02_09_ Sven_AUGUSTIJNEN_Hannah_RYGGEN
スヴェン・アウグスタイネン & ハンナ・リッゲン《夏の思考》, 2014年, ミクスドメディア, インスタレーション

アーティストのスヴェン・アウグスタイネンは「歴史は単純で啓蒙的」というインスタレーションで、映画「フィエーテ・ナショナル(愛国心)」の製作に関する研究を発表した。

TB16-02_07_Valeska_Gert
ラティファ・ラビッシ、リン・イファン、リストフ・ウェーブレット《OF GRIMACES AND BOMBS — Valeska G., a Travelogue, or: Who’s Afraid of the Grotesque?》, 2016年 © Mark B. Anstendig

1920年に、ベルリンでヴァレスカ・ゲルトが次のようなテキストを書いた『確立された価値が崩壊し、共通の感情や知性を養うように見えるものが問題化し…(中略)極端なものが爆発しようとしている』。ラティファ・ラビッシリン・イファンクリストフ・ウェーブレットは、ゲルトの最初の公演にインスパイアされたトリビュートとして作品「しかめっ面や爆弾の解釈 – 異質を恐れているのは誰だ?」を捧げた。

続きを読む ...

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE