パリ・ファッション・ウィーク SS 2012 (3)

- - - - -Text: Shotaro Okada

第3部「清らかさや前向きさが現れた衣服」

ファッションを身に纏うということは、人をセクシーに見せたり、時には本来の自分とは違うものに変えたりする。ファッションはウソをつくことだってある。
僕が思うに、作り手が自らの信念に基づいて誠実にもの作りを行なっていれば、受け取る側もウソや歪みのない着方が出来るのではないだろうか。第3部では、この誠実さから生まれる清らかさや、着る側が前向きになれる衣服について話したい。

isseymiyake.JPG
イッセイ・ミヤケ2012春夏コレクション

今シーズンから、デザイナーが宮前義之に代わったイッセイ・ミヤケ。酷暑のなか、うちわが配られる心遣いに感謝し、ショー前の揺れるような音楽に身を任せていると、会場は青く染まりショーはスタートした。
テーマは「Bloom Skin」。花の開花するさまを、衣服に美しく落とし込んでいた。シルエットは流線を描き、着る人の背後から優しく包み込む。素材はとても作り込まれたものが多く、ゆるやかで美しいシルエットのコートが、実はポリエステルだったことを知った際には、大いに驚いた。タッチが繊細でありながらも、芯の強さを感じるのは、花の在り方と一緒なのだろうか。写真のようにグラフィカルなものも現れ、それらは植物の内部のかたちや、生命力を象徴しているかのようであった。各々のモデルが歩いた後も、色やシルエットが余韻で残り、お互いに滲んでいく…。プレスリリースには「着るひとをそっと元気づけ、内面の豊かさをひきだす」と書いてあったように、優しく前向きな気持ちになれるショーであった。

また、アレクシ・マビーユのショーは、会場席に小さな花束が添えられ、モデルの髪にはデイジーの花が散りばめられ、フローラルで明るい雰囲気を醸していた。プレッピーなストライプのシャツドレスで幕を開け、途中から、艶やかな花柄の衣服、フリンジやスパンコールで捻ったドレスが登場。彼のアイコンといえるリボンも多く見かけられ、パンツの裾や胸元、バッグに用いることによって、ユニークで可愛らしい印象を与えていた。

gaspardyurkievich.JPG
ギャスパー・ユルケヴィッチ2012春夏コレクション

そして、ギャスパー・ユルケヴィッチのショーでは、ロマンティックな要素をデイリーウェアに上手く合わせていた。テーマは「カウンターポイント」。カウンターポイント(対位法)とは、2つのまったく対照的なものごとを組み合わせて構成する方法。このテーマのためか、色やシルエットは、コントラストに富んだアイテムが多く見られた。例えば、ワンピースに用いるような広がりのあるショートスリーブを、スポーティなコートに合わせ女性らしくしたり、写真のように色の映えるワッフルの襟をアクセントとして用いてみたり。シルエットは横に軽やかに広がり、肩から腕にかけて柔らかいドレープを描くなど、優しくケアを。また、フロントをボタンで留めたスカートは、全体に微妙なミュアンスを生み、とても愛らしい。ものごとをひとつだけに捉えず、異なった見方を足してゆく在り方に、作り手の清らかさを感じた。

limifeu.JPG
リミ・フウ2012春夏コレクション

先に述べた、色のコントラストや、前向きな衣服の有り様は、リミ・フウのコレクションで大いに感じることができた。
冒頭では、「世界の天才的な医者たちよ立ち上がれ!日本の子供たちはあなたたちの助けを必要としている」と書かれたフラッグを持ってモデルが登場。以降、ロカビリー調の音楽に合わせ、モデル達は軽快にランウェイを歩いてゆく。
ショーはまるで、ロカビリーファッションとクチュールがデザイナーの頭の中で、勢いよく潔く交わっている様であり、色は白と黒、赤と黒、青と白とツートーンで刺激的。途中で現れたゴールドのサテンのドレスが、全体にスパイスを効かせていた。

andreacrews.JPG
アンドレア・クルーズ2012春夏コレクション

勢いとポジティブなエネルギーは、ファッションにはとても大切!その思いは、アンドレア・クルーズのプレゼンテーションでも再確認することができた。このブランドが行なったギャラリー内での即興的なプレゼンテーションは、その場のヴァイブがダイレクトに現れたもの。10月1日に訪れたカクテル・パーティは、ギャラリーはクラブに変わり、路上には大勢の人が溜まり、各々喋ることが止まらない、まさにパリジャン(ヌ)の夜であった。そして、地下のスペースでは撮影会が行われ、今シーズンのルックを纏ったモデルが人形のようにくり抜かれ、雰囲気任せの撮影会を実施。その仕方は自然体でクール。パリには貴重な、ストリートの感性を持ったブランドである。

agnesb.JPG
アニエスベー2012春夏コレクション

そして、ポジティブなエネルギーを、ファッションを通していつも伝えてくれるアニエスベー。今回のショーは、セーヌ川沿いの船の中で行われた。
ショーはイタリアへの旅をイメージしたもので、「空港、イタリアへの旅」、「ピエロ・デラ・フランチェスカ」、「リヴィエラの空気」、「アニエスの”写真”ドレス」、「(21世紀の)夜の結婚式」というテーマに分けて紹介された。そのどれもが微笑ましく、思わずスキップしてイタリア旅行に出掛けたくなってしまうものばかり。色はカラフルでありながらも、ここのブランドらしく、落着いたトーンに仕上がっている。アニエス自身の旅の思い出が、そのまま衣服として実を結んだかのような、とてもリラックスした自然体のショーであった。

DamirDoma.JPG
ダミール・ドーマ2012春夏コレクションでのフィナーレ

3部にわたるパリ・ファッション・ウィークSS12のレポートも、これにて終了。僕のレポートは、決して流行を分析する類いのものではないと思う。自分が感じる全体に漂う空気のようなものを、言葉にして並べてみた次第である。

パリのモードは、今後どのような表情を僕たちに見せてくれるのだろうか。
リアリティのある服が多くなり、大掛かりなショーは減ったと言われるが、僕はこの状況を、衣服と人の関係を考えるにはとても良い機会であると考える。
華々しさを誇るということは、パリコレクションの大事な側面であるとは思う(もしかしたら、この華々しさは、会場でのストリートスナップに代わってしまったのかもしれない)。しかし、デザイナーの哲学や手仕事がきちんと伝わるということほど、この未来を考える上で最も大切なところなのではないだろうか。パリ・ファッション・ウィークSS12では、それを、何人かのデザイナーが身を以て、見る側にきちんと示してくれたシーズンであったと思う。

パリ・ファッション・ウィーク SS 2012
会期:2011年9月27日〜10月5日
会場:パリ市内各所
http://www.modeaparis.com

Text: Shotaro Okada
Photos: Shotaro Okada

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE