パリ・ファッション・ウィーク SS 2012 (2)

- - - - -Text: Shotaro Okada

第2部「旅」

旅をするための衣服ではなく、衣服がまるで旅をしているかの様な印象。これが、僕にとっての今シーズンを見て感じた「旅」のイメージ。
これらのファッションは、日常とは違う雰囲気を与え、僕たちを明るい方向にシフトしてくれるに違いない。

pdw2.jpg
ツモリチサト2012春夏コレクション

「旅」は、心と身体に様々な栄養を与えてくれる、とても贅沢なもの。ツモリチサトのショーを見た後、その思いを抱かずにはいられなかった。南国のリゾートスタイルに始まり、それらにウエスタンや、チャイナドレスのディティールがミックスされてゆく。人魚、怪獣のプリントはファンタジックな印象を与え、まさにワン・アンド・オンリーな津森さんの世界。先のような絵柄と豊かな色合いは、まるで夢の中にいるよう。単にリゾートの気分を味わうというよりは、あらゆる時空を超え、世界中をこのブランドと共に旅をしている気分を味わうような、素敵なひとときであった。

Alena-Akhmadullina.JPG
アレナ・アフマドゥーリナ2012春夏コレクション

「旅」は、必ずしもあらゆる場所に行くということではない。ファンタジーのように、心が旅をすることだってある。アレナ・アフマドゥーリナのショーでは、ツモリチサトのように、まるで夢の中にいるような気分、それも可愛いだけでなく、少し毒のある夢を描いていた。今回、デザイナーが求めたインスピレーションは「不思議の国のアリス」。それを直接的に用いるのではなく、この物語の始まりのように、日常と非日常が揺れ動く様をテキスタイルやシルエットで表現していた。

Anne-Valerie-Hash.JPG
アン・ヴァレリー・アッシュ2012春夏コレクション

また今回、東洋をはじめとした、ヨーロッパ圏外の衣服の在り方を汲み取ったコレクションを多くのブランドで見ることができた。民族衣裳のニュアンス、ドレープの使い方、1部で述べた「肩で着る」ようなシルエットが目に映えた。「ヨーロッパ圏外」のモチーフを露骨に使うのではなく、各々のデザイナーが自らの足でその国々へと「旅」をしている様な感覚を覚えた。

アン・ヴァレリー・アッシュは、「ブルー・タンジリン」と名付けられたコレクションを披露。このデザイナーがもともと得意とする柔らかなドレープやパターン使いに、ほんのりとエスニックのテイストをプラス。目の覚めるようなブルーや、柔らかいテーラリングと交わることによって、新鮮な印象を与えていた。

ツモリチサトでは人魚のイラストが登場したが、インスピレーションを海の中へと求め、「旅」するデザイナーもいた。
ジバンシィのコレクションは、その最たる例で、海の世界を服に落とし込んだデザインが多くあった。クロムメッキで作られたというサメの歯のようなネックレス、魚の鱗を思わせるスパンコール使い。そして、ラッフルをふんだんに用いることによって、人魚のような優雅なシルエットが描かれていた。ラッフルの動きは非常にエレガントである。魚の革を使用したジャケットは潮の香が漂い、まるで浜辺に打ち上げられた人魚姫のために作られたコステュームのようであった。

Mad-et-Len.JPG
マド・エ・レン2012春夏プレゼンテーション

再び「心の旅」に話を戻そう。
ここでは、パリコレ期間中に行なわれる「トラノイ」という大きな展示会で、マド・エ・レン(Mad et Len)という香水ブランドに出会った話をしたい。
南仏のサン・ジュリアンで製造を行なっているこのブランドの香水は、ひとつひとつがユニセックスでジェンダーレスな香りを放ち、性的に誘惑するのではなく、匂いを身にまとうことによって瞑想や精神の安らぎを導くようなもの。これらの匂いを通して、自分の奥深くに眠る魅力が、優しく引き出されるような体験をすることが出来た。匂いひとつだけで、時空を超えた「旅」をできるということを知った、貴重な体験であった。

様々な場所や空間を、ファッションを通して「旅」することは、きっと豊かな心を育んでくれる。

[第3部「清らかさや前向きさが現れた衣服」に続く]

Text: Shotaro Okada
Photos: Shotaro Okada

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE