MOBILE ART きせかえケータイ VOL.3

THINGS

「MOBILE ART きせかえケータイ」第3弾!

MOBILE ART WATCH プロジェクト」を共催してきたクリプトン・フューチャーメディアが2009年9月に新しく始めたモバイルサイト「きせかえクローゼット」にて、アーティストプロデュースによるきせかえコンテンツ配信企画「MOBILE ART きせかえケータイ プロジェクト」をスタート。

同サイト内に設置した「SHIFTアーティストタイアップ」コーナーより、アーティストがプロデュースした「きせかえコンテンツ」(待受Flash、メニューデザイン、電話発着信・メール受着信・アラーム、ウェイクアップ画面、電池・電波ピクトをワンパッケージにしたコンテンツ)を配信中です。

アーティスト作品は、クリプトン・フューチャーメディアが運営する、docomo、au及び、SoftBankの携帯公式サイトからダウンロードし、手持ちの携帯電話を一括にカスタマイズすることができます。

今回、第3弾には、「SHIFT 2010 カレンダー」にビジュアルがセレクトされ、現在京都を拠点に活躍するPOSTICS(ポスティックス)の作品「未来原始ポンデラス」をフィーチャー。2010年4月29日より配信開始予定。

top-postics.jpg menu-postics.jpg

未来原始ポンデラス

マンモス、原始人が何かの間違いで未来にやってきた。テレビ、カメラ、携帯電話、etc…彼らが見た事もない、使い方も知らないものばかり!そんなはちゃめちゃな世界を想像しながら制作しました。

POSTICS(ポスティックス)/イラストレーター
1996年から2009年までパリ在住。現在は拠点を京都に移して活動中。パリ在仏中に、グラフィックデザインを学び、卒業後にデザイン事務所で働く。2001年からイラストレーションに目覚め、本格的に制作を始める。キャラクター制作を得意とし、とてもカラフルな作風が多い。雑誌、広告、ファッション等の分野で活動を広め、パリ、ロンドン、ニューヨークなどで活躍。他、ギャラリー、美術館での展示経験も多数あり。

第1弾大石暁規による作品「道路工事」とワビサビによる作品「クロネコチグラー」、および、第2弾キンプロによる作品も配信中!

携帯サイトへのアクセス方法:

docomo
きせかえ/待受画面 → きせかえツール → イラスト

au
待受・画像・ケータイアレンジ → EZケータイアレンジ

Softbank
壁紙・きせかえアレンジ → きせかえアレンジ

※「きせかえクローゼット」は、ポイントを使った完全会員制となって おります。
「525円有料会員」にご登録頂くと1コンテンツダウンロー ドする事ができます。

kisekaeQR111x111.png

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE