アルナウ・サラ

PEOPLEText: Julio Cesar Palacio from Panopttic

今年はオゾノキッズの10周年記念ですね。記念して何かする予定はありますか?

そうだね、この夏「Cap Sembrat」は絶対にやりたいね。何かやりたいとずっと考えているんだ。例えば8月にショーとか、特別リリースとか。あと、2010年にオゾノキッズを永久に封印しようとも考えているんだ。プロジェクトというものは、11年のサイクルで生まれ変わる必要があると思う。2011年は、新しいプロジェクトを始めるのにいい年になるだろう。いまのところ、オゾノキッズはいままでで一番よくやっているよ。10年続いたってことに自分でも驚いたし、本当によかった。

Arnau Sala

最近行われたアート展のタイトルでもある、「Homenatges」というプロジェクトを始められましたが、誰へのオマージュなのでしょうか?

「Homenatge」は、2006年のベスティア・フェリダの歌からきてるんだ。多分だれもその歌を覚えてないだろうけど、僕はこの名前が好きで、今やってるアート展にとてもふさわしいと思ったんだ。尊敬を示す、とても本質的な言葉だと思う。どんな風にもとれるし、どんな風にもなり得る。力強い何かを連想させる自由な言葉が好きなんだ。展示会への準備が終わった後、「Homenatge」というタイトルのソロCDの制作にとりかかったんだ。まだ未完成だけどね。そのCDが完成もしないうちに、エイドリアン・デ・アルフォンソとラファ・ロメロと僕とで、また同じ「Homenatge」という名の新しいバンドを始めたんだ。すでに、日本のペイン・ジャークなど素晴らしいアーティストたちと一緒にショーもしたんだ。

他の街や国に住もうと考えることはありますか?

どこに住むことだってありえるね。僕は慣れることが苦手で、とても時間がかかるんだけれどもね。僕はスローなんだと思う。一度にたくさんのことをすることはできるんだけど、希薄だから出来上がるまでに一生かかるんだよ。でも、2011年あたりに、どこか他のヨーロッパの街に引っ越したいなと思っているよ。もしかしたらね。

あなたのイラストレーションに進化があるようで、最新のものはもう少し暗くて難解なものになっているように思いますが、どうでしょう?

うん、そうだね。その時の気分で変わるんだ。まだ君が見ていない最新作は、明るくて白いエナジーをたくさん描いているよ。でも、時々ブラックホールの中に入り込んでしまうときもあるんだ。自分でもよく分からないんだけど、そうなるときがある。出たり入ったりなんだ。理由をうまく説明することはできないけど、選んでそうしているわけじゃないんだ。

OzonoKids shop and showroom
住所:C/ Mare Deu del Pilar 15, Bajos 2, Barcelona
http://www.ozonokids.com

Text: Julio Cesar Palacio from Panopttic
Translation: Fumi Nakamura

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE