アート・バーゼル 2008

- - - - -

アート・バーゼル 2008

Krinzinger

そして最大のアートギャラリー部門。モダンアートの老舗ギャラリーから最先端の現代アートを紹介するギャラリーまでが揃う。

アート・バーゼル 2008

Almine Rech

ヘリー・ナマッド・ギャラリーは圧巻ミロの作品を18点展示し、アルミン・レッシュ・ギャラリーは様々なアーティストによる金属でつくられた作品のみを紹介するブースをつくった。

アート・バーゼル 2008

Gagosian

世界中にいくつコンテンポラリーアートフェアがあろうとも、アート・バーゼルがナンバー1であるのと同様に、世界中にいくつギャラリーがあろうともそのナンバー1は、やはりガゴシアン・ギャラリーだ。


ブース作りのために建築家でも雇っているのだろうか、このギャラリーは。限られたスペースのなかでの、計算され尽くされた空間のひろがり。作品を目の前にしたときの、作品と鑑賞者の完璧なディスタンス。弧を描くように作られた壁はブース内のどこにいようとも、私たちの視界を広げていく。おおげさに聞こえるかもしれないが、まるでそこは世界一値段のはるアーティストたちの作品が漂う小宇宙のようであった。これがガゴシアンの世界なのだ。

アート・バーゼル 2008

Koyanagi

ため息が出る美しさを醸し出していたブースがあった。それは杉本博司の、静謐で見るものを別の世界へと連れて行ってくれるような写真と彫刻の作品と共に、束芋の素晴らしいドローイングインスタレーションを展示、その気品と格調の高さを会場にしっかり漂わせたギャラリー小柳

そして特筆すべきは女性ギャラリスト、バーバラ・グラッドストーンの自信。それはもうブース自体が作品であるかのようだった。限られた面積のブースをいかに有効に利用して壁をつくり、少しでも多くの作品を雑多にならずに展示するのか、に頭を悩める多くのギャラリーとは正反対に、彼女は大きな壁ひとつに、ひとつだけの作品を掲げる。比較的大きめのブースにも関わらず、展示されていた作品は10点にも及ばない。なかには真っ白のままで残されている驚愕の壁まであったのだ。

これらのセクションにギャラリーは練りに練った企画を提示してくるが、そこはやはりバーゼル。何十倍もの倍率が待っているのである。
ではなぜそこまでして審査を受け、そのうえブース代から美術運送費、かさむ人件費と宿泊費、また馬鹿にならないスイスの税金までも支払って、ギャラリストたちはバーゼルを目指すのだろうか。
答えは簡単だ。どんなに経費がかさんでも、それを取り戻せるくらい、他のアートフェアでは売れないような価格の作品がどんどん売れるのだ。

例をいくつか挙げてみよう。アート・アンリミテッドの会場のカフェに居座った村上隆の巨大な銀色の仏陀は800万ユーロ(約13億円)でニューヨークとパリを拠点にするアートアドバイザーの手に渡り、アクアヴェッラのブースに展示されていたルシアン・フルードの作品は一億二千万ドル(約12億円)で、またマールボロー・ギャラリーのフランシス・ベーコンによる絵画3部作は8千万ドル(約8億円)で購入された。

アメリカの不景気とドル安により、アート市場も元気がなくなるのかと懸念されたが、相変わらずコンテンポラリー・アートのオークションハウスは売買価格の記録を更新し続けている上、今回のバーゼルでも、去年のようなヴェネツィアビエンナーレとドクメンタ、そしてミュンスターで展示されていた作品たちが、自分たちのものにならないのにいらいらしたアメリカ人コレクターが、バーゼルというアートのデパートにやってきて、手当たり次第に買っていったような状況ではないにしても、ヨーロッパ、ロシア、中国、中近東諸国からのコレクターたちがじっくりとしかし着実に購入していった。それは205機もの自家用ジェット機がこのフェア期間中にバーゼル空港に降り立ったということにも反映されている。

アート・バーゼルを「世界一の現代アートフェア」にのしあげた元ディレクター、サミュエル・ケラーがバイエラー財団の館長に就任し、今年2008年から後継者となったディレクター3名のうちの一人である、ケイ・ソフィー・ラビノヴィッツがフェア開催1ヶ月前にして辞職するなど、ただでさえこれまでのフェアのクオリティー維持が懸念されていた今回のアート・バーゼル。最終的には去年を上回る6万人もの来場者を数えた。それは上記のような辞職劇を経験しながらも、アート・バーゼルの良い意味での保守主義を受け継いだ二人のディレクター、マーク・スピーグラーとアネット・ショーンホルツァーの手腕によるものだ。その流行に流されないクオリティーは、近年目立っている中国現代アーティストたちの、 作品の良し悪しとは関係なく、ただ毛沢東の顔を描いただけで、 オークションで破格の高値をたたき出している絵画がフェア会場で全く見当たらなかったことでもわかる。作家が、中国人であろうと、韓国人であろうと、日本人であろうと、ロシア人であろうと、イスラエル人であろうと、それぞれ現代美術としての面白いもの、作品として高いレベルに達しているものだけが展示されていた。流行のものだけを紹介しがちな他の現代アートフェアが増えているなかで、その点にもこのフェアのすごさを見たのだった。

Art | 39 | Basel
会期:2008年6月4日〜8日
会場:メッセ・バーゼル
住所:Messeplatz, 4058, Basel, Switzerland
http://www.artbasel.com

Text and photos: Kana Sunayama

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
スティーヴン・チータム
MoMA STORE