NIKE 公式オンラインストア

プリマベーラ・サウンド 2008

- - - - -

プリマベーラ・サウンド 2008
The Sonics

第二日目は事前事後のようだった。超ベテランのロックンロールバンド「ソニックス」が登場した時、みんなはお尻をいためてしまったのではないだろうか。それはフェスティバルの中でとても魅力的な時間だった。「ソニックス」は、60年代初めにワシントン州のタコマで結成されたカルト的なバンドである。結成後数年で解散し、昨年になって再結成をしている。そして、プリマベーラサウンドは「ソニックス」にとって初めてヨーロッパ大陸で行われたショーであり、とても楽しいショーになった。


プリマベーラ・サウンド 2008
MV& EE

しかし、第二日目はまだ始まったばかりだった。「ソニックス」の音楽に踊りまくった後、ATPステージではマサチューセッツ出身のデュオ「MV&EE」(マット・バレンタイン、エリカ・エイダー)がJ・マスシスがドラムを担当する「ゴールデン・ロード・バンド」とサイケデリックフォークロックを共演したのである。

プリマベーラ・サウンド 2008
No Age

バイス/ジャガーマイスターステージでは、昨今の最も新しいバンドの1つで、最近サブポップと契約をした「ノー・エイジ」が、最新アルバム「Nouns」と、素晴らしいデビューアルバム「Weirdo Rippers」からの演奏をした。

プリマベーラ・サウンド 2008
Devo

また、夜をまだまだ楽しみたい観客のために、エステラダムステージではフェスティバルの中でも最高のショーの1つになった「ディーヴォ」の登場を準備していた。ディーヴォはまるでタイムマシンに乗ってきたかの如く「Secret Agent Man」「Whip It」「Peekaboo!」などの多数のスーパーヒットレパートリーを披露した。

プリマベーラ・サウンド 2008
Cat Power

そして、待望のアーティスト「キャット・パワー」(チャン・マーシャル)のショーが始まった。チャン・マーシャルの持つユニークなソウル、ブルース、フォークの入った演奏に観衆の心は虜にされた。チャンは常に他の歌手の先を進んでいる歌手だ。それは彼女の新しいアルバム「Jukebox」に入っているジョニ・ミッチェル、ハンク・ウィリアムス、ビリー・ホリデーなどのカバー曲でも明らかだ。また、「ダーティー・ブルースバンド」のサポートも素晴らしかった。

プリマベーラ・サウンド 2008
Sebadoh

ロックデラックスステージではマサチューセッツ、ノースハンプトン出身の素晴らしいインディーロックバンド「セバド」が登場した。ゼバドはルー・バーロウ、ジェイソン・ロウアースタイン、エリック・ガフニーによって結成され、現在ツアー中だ。彼らはプリマベーラの後、ヨーロッパツアーへ出発する。

ATPステージでは、フェスティバルで最高のショーの1つになったショーが行われた。イギリスの実験的ノイズデュオ「ファック・ボタンズ」のコンサートは、観衆を強烈かつ緻密なノイズを操り歓喜へと導いたのである。

第二日目の終わりは二つの素晴らしい提案によって終わりを迎えた。現地で活動するミュージシャン「エル・グインチョ」の アルバム「Alegranza」の暖かい音楽と、ブライトン出身のバンド「ゴー!チーム」の楽しい音楽で、早朝まで踊り続けるというものだった。

[NEXT]

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE