DESIGNING展 2008

HAPPENING

今年で4回目を迎えるDESIGNING展は「ON」をテーマに福岡市内約50カ所で開催された。

DESIGNING展 2008

今年のメイン会場イムズでは、すべての出展の“かけら”を集め、DESIGNING展のエッセンスが一目で分かるインデックスを構成。ここから市内各所に散らばった会場に足を運んでもらうハブ的な役割を担っていた。また、インデックスの会場は、ダンボールやガムテーブなど普段誰もが目にするありふれた素材を利用しながら、そこに「DESIGN」という切り口が加わるとどうなるか、というプレゼンテーションでもあった。

DESIGNING展 2008

インデックス横のイベントスペースでは、会期中ほぼ毎日イベントを開催。
26日にはデザインプロジェクトMILEと電子工作キットのエレキットがコラボレーションし、ボイスレコーダーを手作りするワークショップが開催された。親子でボイスレコーダーを組み立て、パッケージは自分の好きなようにデザインする。デザインは特別なものではなく、自由で身近なものだと小さな子ども達にも体験できただろう。

DESIGNING展 2008

他にもメイン会場では、広島を拠点に活躍する若手建築家の谷尻誠展や、献血×デザインを提案するピンクの鈴献血、オランダで普及しているエコな取り組み「NO JUNK MAIL STICKER」のコンテストなど、ジャンルを問わず誰にでも参加でき楽しめるイベントが開催されていた。

DESIGNING展 2008

また、メイン会場からほど近いVIOROでは「ぬるまゆ」と題したDESIGNING展プロデュースの学生展も初めて開催。ダンボールの被り物や野菜の花を使った作品など、学生の目から見た「福岡とは?」「デザインとは?」のメッセージを街行く人たちに投げかけていた。

DESIGNING展 2008

DESIGNING展の出展の中で印象に残ったのは、「ANTI SYSTEM PRODUCTS」のVeloさんが作る「BAG PACKER」。Tシャツ、ランニングやシャツの裾の部分をパチっと止めるツールである。袖のある服は袖の部分をゴムでしっかりと止めれば、あっという間にバッグの出来上がり。

DESIGNING展 2008

着なくなった洋服をバッグに変身させるもよし、旅先で荷物が増えたら帰りは洋服をバッグにするもよし。昨今流行の「エコバッグを新しく作る」風潮は、果たして本当にエコと言えるだろうか?と私たちに問いかけている。Veloさんは常に世の中の常識や価値観を破壊しまくる“破壊作家”なのだが、今回の作品で私のちっぽけなエコ観もガーンと破壊された。

DESIGNING展 2008

他には、今年のデザイナー部門のアワードを受賞した「Stitch and Sew」。バッグ、鏡、ペンダントライト、食器など、作品はどれも日常的に使うものばかり。日常品だからこそ、長く永続的に使われるために、可朔性のあるデザインを目指して作られている。何気ないデザインだけれど、今まで見てきた他の商品とはひと味違うデザインに思えたのは、そういう意図を感じられたからなのだろう。

DESIGNING展 2008

ショップ部門のアワードを受賞した「organ+ENOUGH」は、ライフスタイルの選択肢として「靴のままの生活」を提案していた。私たち日本人は家に入ると靴を脱ぐ習慣があるので、部屋の中でも靴を履いたままでいると、今までと目線の高さが変わったり、足の感触が変わったり、と新しい発見がある。大切なのは、旧来のスタイルにとらわれず、自分らしい住み方、自分らしいスタイルを作ることだと教えられた。

年々規模を拡大し、今年も新たなデザイナーやショップが参加し、イベントや展示も盛りだくさんだったDESIGNING展。5回目を迎える来年は、私たちに一体どんな「DESIGN」を見せてくれるのか、今から楽しみである。

DESIGNING展 2008
会期:2008年4月25日(金)〜4月29日(火・祝)
会場:天神・大名・今泉などの福岡市中心市街地を中心に、市内に約50会場
メイン会場:イムズ地下2階・イムズプラザ
※イムズB2Fのメイン会場でのエキシビジョンは5月6日(火)まで
http://www.designing10.jp

Text and photo: Yuko Matono

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE