MOBILE ART WATCH ハモニカビル

THINGS

「MOBILE ART WATCHプロジェクト」第5弾、ハモニカビル。MOBILE ART WATCH ハモニカビル

クリプトン・フューチャーメディアとの共催により、携帯電話を媒体にアーティストの作品を配信する「MOBILE ART WATCHプロジェクト」。今回のアーティストは札幌を拠点に活動するデザインユニット、ハモニカビル

作品「radical eye」「radical green」は、昨年開催した展覧会「 ご主人様展」からの流れを引き継ぎ漢字の部首を使いビジュアルを表現。「radical eye」は今や海外でもジャパニーズカルチャーとして定着しつつあるマンガ・アニメ。その象徴とも言える「萌えキャラ」の「目」でアナログ時計を表現しています。

「radical green」は同じく部首を使いつつも閉ざされたイメージを持つマンガ・アニメとは対照的に開放的なイメージのゴルフをテーマに。自然でありがならも人工的な造形を持つグリーンで数字を表現しています。

また、人に似せた姿でありつつ、独特のフォルムを確立する球体関節人形に着目した2作品も、展開。「doll num.analog」は人形の手足を使って時計の針を表現。球体関節人形の特徴である関節の「球」を軸に回る手足が時刻をお知らせします。

「doll num.digital」は人形の手足のフォルムをいかすため、一般的なアラビア数字でなくローマ数字で表現。そのためにデジタル時計でありながら、どこかクラシックな雰囲気が。どちらも一見しただけでは分かりにくいので「時間」に余裕がある人向きかもしれません。

本プロジェクトでは、2ヶ月ごとに作品を更新していきます。次回は4月を予定しております。

ウェブサイトでも使用できるブログパーツ版も用意しました。(期間限定)詳細はこちら

harmonica bldg.[ハモニカビル]
アートディレクター藤田直樹と、デザイナー小島歌織、男女2人のデザインユニット。ストーリー性のあるグラフィックデザインとイラストレーションを得意とする。2004年に活動開始。おもな活動・受賞歴にSADC新人賞(2005)、ブルノ国際グラフィックデザイン・ビエンナーレ 入選(2005)、ショーモン・ポスター・フェスティバル 入選(2005)、トリエンナーレトヤマ 入選(2006)、香港国際トリエンナーレ 入選(2007)、JAGDA年鑑2007 植原亮輔・選(2007)、SOSOCAFEにて展覧会「ご主人様」(2007)など

携帯サイトへのアクセス方法:

au / 10YenポケットFlash
カテゴリで探す → 着Flash(アニメ) → 総合 → 10YenポケットFlash

SoftBank / ポケットFlash&Movie
メニューリスト → 着ビデオ → アニメ → ポケットFlash&Movie

pokefla.JPG

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE