POTIPOTI

PEOPLE

potipoti-_w06-07_0001.jpg

ファッションに関するイベントを通じて、ものすごく特別なもの、啓蒙してくれるものが見つかることがある。2006年夏のブレッド&バターのショーにてナンド、シルビア、そして彼らのPOTIPOTIという素晴らしいブランドを知ることとなった。


ナンドとシルビアはサラマンカの美術学校で知り合った。彼らは一緒に仕事をするようになり、そしてマドリードに移ることにした。パーティ用の映像を作ったり、いろいろなイベントに参加したりという短い期間の後、最終的にベルリンに飛ぶこととなった。彼らは2001年からそこを本拠地としている。

070226potipoti9.jpg

2003年、彼らはグラフィックデザインブランドのPOTIPOTIを立ち上げた。それからこの若いスペイン人イラストレーターはベルリナー・クラモッテン、エル・エゴ・デ・パサレラ・シベレス、ブレッド&バター、シルクロ・デ・バラス・アルテス・デ・マドリード、フェスティバル・ヌエボス・クレアドレス…と枚挙にいとまがないが、作品を発表し続けている。

ストリートカルチャーからインスピレーションを得て、彼らは車(マツダロードスターMX5)や靴(アディダスのアディカラー)をもカスタムし、そしてあのピクトプラズマ・キャラクター・ウォークで発表された、彼ら独自のおもちゃのような空間を作り上げたのである。

POTIPOTIは「タトゥー・アイコンズ・ヴィクショナリー3」や「グラフィックス・アライブ」といったような本で見ることができる。他、WAD、NEO2、テンデンシャス、バイス、リープリング、DPマガジン、dxiマガジン、Hマガジンなどといったたくさんのファッション誌で特集されている。

070226ow0607.jpg

POTIPOTIの服はウサギ、鳥、オオカミといったような小さい生き物のグラフィックを基本としている。これはおとぎ話や、子供のころの夢に影響を受けており、そして甘み、ちょっとしたアイロニーを取り入れているようである。こういった甘みのあるアイロニーは彼らの新しいOW0708コレクションで見ることが出来る。モデルは青みがかった灰色で、プリントが全面に施された服に身を包み、頭にはニットキャップをかぶり、鋭いナイフや斧を手に持っている。音楽もまたポチポチにとっては創造の源泉として非常に重要である。そのため、欠くことの出来ない要素として、ハナヨによる生演奏とともに新しいコレクションは披露された。

070226ow0708.jpg

他に言えることとしては、POTIPOTIは国民的名誉を受けるに値するような、また国際的な成功を勝ち取ったのである。もしも彼らの幻想的な空間を自分の目で見たいならば、ベルリンにポチポチのショップがあるので行ってみるといい。(住所はChorinstrasse. 50, 10345 Berlin)

また、彼らの作品はデンマーク、日本、オーストリア、スイス、イタリア、ロシア、ドイツなどのどこかの店で、そして最も大事なところではバルセロナの40・デ・マジョで見ることが出来るだろう。最近、彼らはバルセロナの中心部にあるコミテ(住所はNotariat 8, 08001BCN)に他の5組の若く素晴らしいデザイナーのビンゴ、セシリア・ソレンセン、エレナ・マルティン、ケパサフリア、ピア・カイラとともに新しい店を開いた。

最後、POTIPOTIに関するニュースとして、彼らは有名なメガネのブランドのコンテストで一位をとった。というわけでPOTIPOTIによるメガネがデザインされることだろう。彼らの勢いは止まらない。

POTIPOTI GRAPHIC FASHION
Atelier / Silvia Salvador & Nando Cornejo
住所:Oderbergerstr. 34 10435 Berlin GERMANY
TEL:+49 30 20339804
Email:info@potipoti.com

Text and Photos: Julio Cesar Palacio from Panopttic
Translation: Yuhei Kikuchi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE