NIKE 公式オンラインストア

越後妻有アートトリエンナーレ 2006

- - - - -

開催初日の7月23日は、数日前までの大雨とは打って変わり、朝から気持ちのよい快晴であった。


十日町エリアにあるステージ、原広志+アトリエ・ファイ建築研究所が手がけた「越後妻有交流館・キナーレ」(2003)内の屋根の無い池では開会式が行われていた。アーティスト、サポーター、来場者達が集まり、50日間のたわわな実りの幕開けを祝った。

中里エリアに足を運ぶ。住宅の合間を縫うようにしてある道は、地図で確認するよりわかりにくく、時にとても狭い。映画美術監督である中澤克己氏の作品「フローティング・バンブー」(2006)は、慈善寺の裏にある大きな森の中にあった。自然への畏敬を失い、多くの可能性を犠牲にしてきた文明世界に対してつくられたという浮遊する竹垣。ここを通って私たちはこのままどこへ向かうのだろうか。高く茂ったブナと杉の木々全体が作品の風景として強調され、自分を小さく感じながら歩く。

慈善寺内には水澤尚子氏の野良着をデザインした4点の作品「僕らの農作業」(2006)が展示されている。寺の中から出て来た地元の人々は半ば強引とも思える勢いで、中に招き入れてくれた。『大地の芸術祭ということで、私たちもアートを用意しました。』と言って出してくれたのは、綺麗な濃い紫色をした小茄子の浅漬けである。確かにこれは、大地と彼女たちのコラボレーションによる傑作であった。お茶を立ててくれ、集まって来た地元の人達と一緒にいただく。その他、蓮の葉っぱから日本酒を注ぎ、茎の先端から飲む、という伝統のおもてなしも。思わぬ豊かな時間をここで過ごすことになる。

慈善寺の人々に見送られ、同じく中里エリア内「ミオンなかさと」へ寄ってみた。坂口寛敏氏の作品「暖かいイメージのために—信濃川」(2000/2003)が、子供達が駆け巡る楽しい遊び場として川沿いをたどる。

国の予算の建設に参加したという「CLIP」(日本)による「河岸の燈籠」。夜間にはすりガラス越しの燈籠のような灯りで存在感を放つというトイレ。

遠くからでもよく見えるジャウマ・プレンサ(スペイン)「鳥たちの家」(2000)は、6年前からそびえ立っている鳥たちのためにつくられた19メートルのタワーだが、ここに実際に鳥がやってくることがあるかどうかはわからなかった。

槻橋修+東北工業大学「TEAM PARKLETTE」による車を牌に見立てた色合わせゲーム「パークレット」(2006)が「ミオンなかさと」駐車場で行われる。同じ色の車が揃ったら『COMBO!』とか。この場所では唯一の2006年プロジェクト。

[NEXT]

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE