コレット・ニュース 6月 2006

COLETTE

オーストラリア生まれ、今はパリジャンのライターであるリンリー・アレンが、フランスの中心にあるコンセプト・ストア「コレット」からオールジャンルのおすすめアイテムをリストアップ。名高いブティック・イベントに出向いたり、コペンハーゲンのラジオ・ショーに出演したり、日本のパーティでのゲスト撮影をしたり、ニューヨークのCDリリースパーティーのダンスフロアで踊り続けたりと、世界中でコレットとともに生活を送っているリンリーが、これから到来する2006年の秋冬シーズンに向けて、コレットからの彼女のイチオシ作品を紹介する。



b{text-transform:uppercase;}
The Polo Ralph Lauren collection for Wimbledon
Gゲーム、セット、マッチ!「ポロ・ラルフローレン」と「ウィンブルドン」がチームを組み、つまらないテニスウェアのイメージをくつがえす!そして今、コレットのオンラインショップに出現したのは、大きなパープルのポニーと、名門「ウィンブルドン」のロゴが袖についたクラシックの白いポロシャツ。「ポロ・ラルフローレン」の協力によるスペシャル限定版デザインを見逃さないで!

“Deformer” exhibition by Ed Templeton from May 29th – July 1st.
伝説的なアーティストでありスケートキング、エド・テンプルトンが「コレット」に到来。新作本「デフォーマー」(グレイブル・プレス出版、6月15日よりコレットで発売)から、写真、デザイン、コラージュ、ペインティングのコレクションを公開する。ナイス!

PARTY: colette dance class #9
「コレット」がブリトニー・スピアーズに敬意を表し、第9回スペシャル・コレット・ダンス・クラス「ブリトニー・イズ・バック」を5月29日「パリ・パリ」(5 Avenue de l’Opera, 75001 Paris)にて開催。22〜23時までは振り付け師ジョーンズが25人の生徒達にダンス指導を行い、エーロン・ラクリエイト&アマンダ・ブランク(ミルクリエート/ビーモア・ギター・ミュージック)、ドン・リミ二、マルコ・ドス・サントスらDJ陣がそれに続く。日本人ブレークダンスチーム「迷彩」をフィーチャー。「ナイキ・ウーマン」と「パリ・パリ」による協賛。第10回コレット・ダンス・クラス「ストライク・ア・ポーズ、マドンナ・スタイル」は6月3日。

Andre does MIKADO
パリといえばやっぱり「ミカド」!このフランスで驚異的な人気を誇るビスケットが、パリのグラフィティキング、アンドレによってイメージ改革を。できあがったのは新しいチョコレートとヘーゼルナッツのお菓子が入ったコレクターズ・ボックス。間違いなくこれまでで一番スタイリッシュなお菓子!

Select and Text: Linlee Allen from colette
Translation: Yurie Hatano

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE