ナターシャ・ロウ展

HAPPENING


ピンヒールにピンクのパンティ、それにシルバーのペイントのあるキャミソールを着た女の子が、椅子にのってランプのバルブを取り替えようとしている。それが、少し前まで、大型のブックショップやセレクトショップにまで、平積みで置かれていたカミラモートンの「HOW TO WALK IN HIGH HEELS」のカバーイラスト。

ナターシャ・ロウの描くハーフネイキッド、またはフルネイキッドな女性たちには、つい足を止めてしまう魅力がどこかにある。そもそも、裸になる時というのは、シンプルになるということに似ている。一人であれば、それはリラックスした、プライベートなひとときであるかもしれない。例えば、江國香織の小説の女性のように、ゆっくりと心ゆくまでお風呂につかって、その後、ペディキュアを塗り直したりするのかもしれない。きちんとくつろげるプライベートな空間を持った大人でいられること、彼女の作品の女性達は、それゆえに大胆でセクシーに見える。そしておそらくは、そういった女性達から愛されているのだとも思う。

ナイツブリッジ近くの、アートディーラー、チャーリー フィリップのギャラリー「イレブン」で、ナターシャ・ロウの始めての個展が開催されている。
静かな住宅街にあるこぢんまりとしたガラス張りのギャラリーでは、ならびのポストオフィスを過ぎた辺りから、もう、鮮やかなピンクのアルミニウムパネルが目に飛び込んでくる。「HOLD」と題されたそのエキシビジョンは、素直に受け止めるなら、抱きしめあい、からみ合う男女の、絶妙にクロップされたイメージで縁取られている。

誰かといるとき、裸になること、それはふたりのプライベートな空間を特別なものにする。そこに描かれる、愛撫の瞬間を切り取ったドローイングは、単にリラックスだけではなく、堪能や誘惑、目には見えない男女のいくつものかけひきを含んでいるようで、きっとあなたのプライベートなストーリーのいくつかを連想させたりもするだろう。
彼女の表現は、少女めいたロマンチシズムでもなければ、リアルにグロテスクな性描写でもない。感情的にも感傷的にもならずに、シンプルな曲線で綴られている。誰かを抱きしめたことのある人にだけ、こっそりと、そこにあるかもしれない愛情や、リレーションをささやくような、そんな気がした。

「サンデイタイムズ」のインタビューに答えて、ロウはこう語る。
『男性にも女性にも訴えるものを生み出したい。脅威になるものではなくて。』

そして、イレブンのキュレーター、ローラ・パーカー・ボウルズは同誌で次のように述べる。
『多くの人にとって、彼女の作品は、経験から理解しやすい部類の物だと思う。その前に座って、深く考え込んだりしなくても。多くは女性のバイヤーが多いけれど、実際は、ケイトモスのように、男性にも女性にもセクシーと思われる魅力のある作風。』

同誌のインタビューによると、彼女のグラマラスでファッショナブルなインスピレーションは、9才の時から母親の友人のファッションショウへ行き、そのバックステージを彩るハーフネイキッドなモデル達、その一連の動作の中の一瞬を見つめ続けてきたことから生まれてきた、という。

個人的には、彼女の作品はギャラリーよりも、誰かのプライベートな部屋に飾られるのが良く似合うと思う。その人のライフスタイルの象徴のように。
彼女の兄、フィルムスターのジュード・ロウもサポートするウェブサイト「fashionart.com」へ大急ぎでアクセスすれば、もしかすると、彼女のハーフネイキッッドガールのプリントたちが、あなたのベッドルームを飾る日が、来るかもしれない。


ナターシャ・ロウ個展「HOLD」

会期:2006年1月13日〜2月10日
会場:ELEVEN
住所:11 ECCLESTON STREET LONDON SW1W 9LX
www.elevenfineart.com

Text and Photos: Sayaka Hirakawa

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
アレックス・ヴェルヘスト
MoMA STORE