イントロ

PLACE


独特のコンセプトを持つ「イントロ」は、ビリニュスというオールドシティに2年前に作られた。これは一つの場所に音楽、クラブ、バー、インターネット施設、アートギャラリーを集めたものだ。

この一種のコンセプトは実際には新しい試みではないが、もしビリニュスの他のクラブと比較すれば、イントロはそれらとは全く違うものであるという事に気づくであろう。

イントロの目的は、“リトアニアの若者”のためのモダンミュージック、ビジュアルアート、ビデオ、マルチメディアによってビリニュスを活性化させることである。

“リトアニアの若者”とは、新鮮な感覚を持ち、新しい表現やコミュニケーションを楽しむ人々、また、変わったアートフォームを好んだり、リトアニアを訪れ、住み着く人々のことを指す。

以前、この建物は印刷工場で、当時のロフトのスタイルが残っている。現在は最小限の内装で人々を迎える場所となっている。

イントロのクラブスペースは、恐らく、イントロの最も大きな部分と言えよう。DJパーティーだけではなく、ライブコンサート、フード、サウンド、ファッション、様々なプロジェクトまで、バラエティに富んでいる。

そしてそのどれもが素晴らしい!この折衷的な取り入れが、このクラブを引き立たせている事がわかる。1つに集中して楽しむこともできるし、すべてをミックスさせてみるのもいい。

恐らく、イントロは若者の象徴といえるだろう。なぜなら、既にこのクラブのステージに立った、パコオスナ、フェーズアクション、ハービート、モノレイク、MK9、ダニエル・ベルなどのアーティストは世界でも知られるアーティストだからである。これからも、リトアニアのクラブカルチャーは発展していき、近い将来イントロは、よりハイレベルのアーティストと共に観客を驚かせるであろう。

イントロのギャラリーは、リトアニアのモダンアートと外国人アーティストのスペースによるもので、それは活動的で開放的、柔軟で反射的、新鋭的でありオリジナリティーもあり、クリエイティブな努力が見られる。

アーティストは画家、ミュージシャン。ライター、詩人、俳優、フォトグラファー、フィルムメーカーなどのアーティストから、DJ、 VJ、ブレイクダンサー、ストリートパフォーマー、メディアクリエイター、全てのジャンルのデザイナーなどの新しいタイプのアートスペシャリストまで、一つの枠に捕われる事なく幅広いジャンルに富んでいる。

イントロギャラリーは、アートや文化理論家、歴史家、哲学者、または思いがけないものをもたらすもの、おもしろいもの無しでは成り立たない。私たちがまだ成し遂げていなかったもの、やりたかったことを形にしている。

イントロがオープンして2年間、たくさんのエキシビジョンが開かれた。そのほとんどは、ビリニュス・アートアカデミーの生徒によるものであるが、彼らと同様に国際的なアーティストも参加している。


Intro

住所:Maironio 3, near St. Anna’s Church, Lithuania
http://www.intro.lt

Text: Emanuelis Ryklys from RUT RUT
Translation: Hazuki Sekine

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE