ビジュアローグ

- - - - -

10月10日。文化の壁を超えて、ユーモアを理解しあうのは、非常に難しい。特に、グラフィックデザイナーがそう感じる機会は多い。アメリカ人には、笑えるものでも、日本人にとっては、なんの面白みを持たない、ということはよくある。これから紹介する3人のデザイナーは世界共通のユーモアについて語った。彼らは、万国共通で面白いと思える、メッセージを何とか伝えようとしている。

福田繁雄は、国境を超えるユーモアの、具体的な例をあげた。ヨーロッパやアジアの古典芸術の多くは、しっかりとしたテーマや形式がある。この事実は、ユーモアは世界共通になり、人間の根本にある感情は分かりあうことができる、という主張を裏付けるものだ、と述べる。



Omar Vulpinari shares his Fabrica stories

ベネトンのリサーチセンター、「ファブリカ」のビジュアル・コミュニケーション・デザインのリーダーである、オマ−・ヴルピナーリは、フールという作品のプレゼンテーションを行なった。彼曰く、フールはデザイナーのあるべき姿を具現化しているそうだ。「フールは、狂人と賢人という両極を表現している。また冒険をし、危険を冒す。」と語る。

続けて、その作品を見せてくれた。彼の生徒の作品は、完璧なフール、つまり愚か者、のあらゆる面を表現していた。それらの作品は、ユーモア、騒動、疑惑、破壊、などの要素を持ち、ファブリカのDNAをしっかり受け継いでいると述べる。


Omar Vulpinari shares his Fabrica stories

「どんなに、正しいものを作ろうとしても、必ず何か違うものができてしまう。計画した通りになど、ならない。」今、最も影響力をもったデザイナーの一人である、ネヴィル・ブロディ(イギリス)は、そう言ってレクチャーを始めた。


Brody’s work for Issey Miyake

「一番いいアイデアは、失敗から生まれることがある。」ブロディは、「ルールを破壊し、パターンを壊すことによって、見る側の人に、違った角度から見せることができる。デザイナーは、手の加えられていない情報と聴衆の間にいる。デザイナーとして、聴衆の意見を形にすることができるのだ。」と語る。

ネヴィル・ブロディは、この世界を非難しながら、力強いスピーチをし、今こそ変わるのだ!というインスピレーションを与えた。

「僕は、直感や本能、創造的、自然体、でいる方法を忘れかけている世界に身を置いている。今や、“創造”をするというより、計算をしているといったほうが正しいかもしれない。粘土で何かを作るように、手を使って何かを創るということを忘れてしまった。GAPの広告が革命だ、と言われてしまう世界なのだ。我々は、限られた色しかないパレットのような、社会を造ってしまった。まるで、色を削り取り、256色で世界を見ているようだ。高解像度から低解像度へと向かっている。無限の可能性から72dpiへと。私たちは、ルールとは破ることができるものだということを忘れ、我々はただそれを変えているにすぎないのだ。皆、失敗を恐れているのだ。それを破らない限り、決して見つけることができないだろう。」

このレクチャーを終えた頃には、私ののどの奥は締め付けられるような感じがして、目は涙で潤んでいた。


Print Ad for Buy Nothing Day, by Barnbrook

ジョナサン・バーンブルック(イギリス)は、現代のグローバル化をダイレクトに批判をし、論争を巻き起こすことで、有名だ。バーンブルックは、ウィットとクリエイティビティと混乱を組み合わせて、現代の最大の消費者の象徴をあざ笑おうとしてきた。

10月11日。会議は、終わりに近づいている。閉会式は、ビジュアローグとは、なんだったのかということを改めて考えさせてくれた。私は、ある種の力を得たかのように感じ、デザインを通して、何かを始めようという気持ちを持った。学生であろうが、プロであろうが、このデザイン界での妥協は非常に大きい。だが、可能性は無限なのだ。


One of the main halls of the congress dressed in red for the ocassion

さあ、何をしよう?この世界を変えるような、大地を轟かすデザインを生み出そう。どこからはじめたら良いのか、わからないが、とりあえず、前田氏の言葉を聞き、深呼吸をしてみる。すべては、そこから始まるように思う。

このイベントは、同じ時間帯に様々なことが行なわれていたので、すべてを見ることはできなかった。ビジュアローグをもっと、知りたいという人は以下サイトをチェックしてほしい。

ビジュアローグ
会期:2003年10月8日〜10月13日
会場:名古屋国際会議場
住所:名古屋市熱田区熱田西町1-1
info2@visualogue.com
http://www.visualogue.com

Text: Erika Saca
Photos: Erika Saca, Herbert Zometa and Orlando Alvarez
Translation: Naoko Fukushi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
スティーブ・ベイカー
MoMA STORE