ビジュアローグ

- - - - -

「よく水を飲みなさい。きちんとトイレに行きなさい。仕事はほどほどに、子供とよく遊びなさい。よく呼吸をしなさい」 ジョン前田(アメリカ)



Some wise advice by Maeda

確かに、彼の言っていることは、正しいが、それがいったい、デザインやメディアとどういう関係があるというのか。ジョ前田は、未来を見越すというタイプの人物ではなかった。レクチャーのタイトルが、それを暗に意味していた。彼は、豆腐ファミリーから、MITのメディアラボという、長い経験から得た知識を分かち合おうとしていた。彼は、自身で楽しみながら、初期の作品から最近の作品、これから手掛ける予定のプロジェクトを見せてくれた。彼は、そのうちの一人は父であるという、自身のヒーローについても語った。


Preview of Maeda’s new project, his next book

私は、ある種、暖かみのない、テクノロジーに関する方法論を探る為に、レクチャーに耳を傾けていたが、前田氏はその逆を伝えてくれた。彼の作品とライフスタイルの、暖かい、人間味溢れる面を見ることができた。

ステファン・ザグマイスターは、ニューヨークに、自身のスタジオを持つ、オーストリアのグラフィックデザイナーだ。彼の本のカバーや、CD、プリント(彼の題材である体への、手書き文字)などに表現される、ユニークなデザインは、論争を巻き起こし、世界中に名を広めた。


Poster for the 4 A’s (Association of Accredited Advertising Agencies) caused a stir of controversy. Sagmeister’s favorite comment was a letter to the editor that read:
“Who is the asshole that designed this poster?”

音楽と映画は人の心を動かすことができるが、グラフィックデザインでそれを成し遂げるのは、なかなか難しい。ザグマイスターは、子供の時に読んだ絵本をはじめ、彼が心動かされたデザインの例を挙げて語った。そして、彼自身が、心を動かそうと思って手掛けた作品を紹介してくれた。「5年から10年後には、グラフィックデザイナーは、人の心に触れることのできるを作る必要に迫られる。」と続けた。


In this particular poster for an AIGA lecture Sagmeister wanted to reflect the pain that comes with most design projects. He had the text carved into his skin. Ouch!

ザグマイスターは、コンピューターがあり、必要なプログラムを作ることができるのなら、企業の退屈なデザインには、グラフィックデザイナーは必要ない。しかし、人の心に触れ、聴衆をつかむ。これこそが、本物のグラフィックデザイナーの仕事なのだと、語る。

会場は暗くなり、深澤直人にだけ、スポットライトが当っていた。ステージはホールの中央に用意され、聴衆はそれを囲む形になっていた。

プロダクトデザイナーの深澤直人は、我々を彼のインスピレーションの世界へと案内してくれた。空間を見つめると、情報が身の回りの環境と解け合い、我々はそれを掴むことができる、と彼は述べる。そして、そのようにして掴んだ情報は、感情として私たちは理解する。一度、この方法で情報を掴むことができるようになれば、音とノイズが、よい音になるのを感じ取ることができるようになる、と。

「デザインとは、空間の一部だ。」と彼は述べる。骨組みを包む建築物を、建物の衣服と例えるように、最も素晴らしいデザインは、必ずしもデザインそのものであるとは限らない、と主張する。
彼は、現実を切り取りながら、プロダクツを空間の一部となるようにデザインする。

[NEXT]

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
スネハ・ディビアス
MoMA STORE