NIKE 公式オンラインストア

東京デザイナーズ・ブロック 2003

- - - - -

国連大学のすぐ裏にあるカフェにもスウェーデンの女性4人組デザイングループのデフィリャの作品が。青山ブックセンターの目の前なのだがなかなか知らないと見付けにくいところ。こういった場所、普段何気なく通り過ぎる場所にもひょっこり作品がたち現れるのがこのイベントの面白いところだ。ティピの中に可愛らしい北欧的童話世界が広がり、思わず時が過ぎるのも忘れて居座ってしまいそうになる。


青山周辺といっても場所は点在し、広範囲に渡るので、歩いては回りきれない。そこで、TDB関連プロジェクトの一つ「R−Cycle」で自転車を借りることに。廃品となった自転車を蘇らせるというエコな試みで、しかもただセカンドハンズショップに置いてある様な状態で貸し出すのではなく、新しくデザインし直し再生するというコンセプト。その自転車にまたがり次の場所へ。

青山通り沿いのわき道を少し原宿側へ入ったところにある康ギャラリーで行われている、伊藤ガビン>脚本、松浦雅也作曲、イメージデザイン松浦李里によるミクロ楽団。参加型のサウンドインスタレーション。青山各地に設置されたコーンを頼りにPDFを片手に参加者がレクレーションをし、エリアごとにある音をゲットするというもの。それをおのおの持ち帰り出発地兼ゴール地点の康ギャラリーでサウンドコラージュを体験する。レクレーションごとに違った曲が体験できるというもの。コンセプトも斬新だし伊藤ガビンが脚本した、宇宙から降り注ぐ音楽を奏でる微生物を採集するとい細かい物語のディーテールも楽しめる。

次に向かった、「SPUTNIK PAD」の会場では、ホテルをテーマにいつものディスプレイされているプロダクトと共に客室をテーマとしたコンセプチャルな空間が演出されていた。その中で目を引いたのは、藤代成貴の作品群をディスプレイした部屋。一見シンプルだが、計算された曲線を生かした椅子を中心に私物を多く持ち出したという部屋にはこんなゲストルームに泊まったら落ち着くだろうという印象を持った。本人とも少し話をしたのだが、作品同様とてもフレンドリーでお茶目な人だった。スプートニクパッドがある場所は、表参道の中でも奥まったところにあるのだが、そこだけポッカリ別次元にある印象を持った。

青山通り沿いの「And A」にはミクストメディアのデザイナーグループ、スナイプとのコラボレーションによるインスタレーション。蛇のような照明と店舗の入り口にデコレートされた簾状の照明類。残念ながら夜に見ることはできなかったが、想像を楽しむことに。

「MU-RA」にある、T・フクダの作品群。鍵をコンセプトにてんとう虫や様々な彫金細工の鍵が店内入り口に所狭しとディスプレイされていた。ショップスタッフに話を伺うと、このTDBを機会にいつも立ち寄らないような人たちが沢山店に来てくれるので嬉しいという言葉が、このイベントの趣旨を物語っていた。

青山通りと外苑西通りの交差点にある「CIBONE」。マーセル・ワンダースの作品は洗練されたフォルムが上品な雰囲気を演出していて、その日の夜に行われる予定のショーの準備の雰囲気とあいまって、まるでヨーロッパの社交場にいるような気持ちになる。

「PLEATS PLEASE」。丁度そこへ足を運んだときに、2デザインのデザイナー、ヘンリエッタ本人が撮影をしていた。話してみるととても気さくな人柄で、パートナーのロジャーとともにオーストラリアンデザインシーンについて話してくれた。

進められるままにグラスファイバーを使った貝のような椅子に試しに座ってみると材質の硬さとは裏腹に、椅子の持つ絶妙な曲線がお尻にピタッっとフィット。心を込めてデザインされた良質な椅子とはこういうものなのか。良かったです・・・。

「CABANE de ZUCCA」では、入り口すぐのところに、クラウディオ・コルッチの作品が。トーネットの曲げ木の椅子を不完全なものとし、そこに新しい要素を付け加え、そこからまた新しい椅子にデザインするという試みで作られた赤と青と黄色の椅子たちは、ボクにとって子供の遊具を思わせるものだった。

[NEXT]

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
MoMA STORE