DJ エドゾン

PEOPLE


一軒家をひとつ借りて、友達とシェアしながら生活する、という状態を想像したことがあるだろうか?あるいは、あなたの趣味が生活そのものだったら、どのような気持ちになるだろう?今回紹介するのは、私達にとっては、そんな夢のような生活している、DJエドゾンの話。

生っ粋のアムステルダムっ子のエドゾンは、地元では、伝説的ヒップホップショップ「ファット・ビーツ」のオーナーとして有名だ。また、彼の卓越したスピニングの技術は世界的にも認められており、ドイツ、チェコ、ロンドン、アメリカなどでもパフォーマンスを行うほど。オランダでも、ヒップホップバー「デ・デュイヴェル」で定期的にプレイを続ける他、キンクFMから毎週木曜日夜に放送されている「ヒップホップ120」という番組をレギュラーとして担当。ベストミックスのテープもプロデュースしており、こちらはヨーロッパで入手可能だ。

そんなエドゾンが所有する巨大ビルがあるのが、中央駅の目の前。「このビルは、6世帯が生活できるように設計されていて、僕と妻、そして娘がその内のメインスペースを使っています。残りの部屋は、友人達に貸し出しています。ひとつ屋根の下に暮らす人たちが、気心知れた友達ばかりだから、ひとつの大家族みたいで、なかなか快適ですよ」とエドゾンは語る。ビルの背後には裏庭もあり、晴れた日には、窓という窓はすべて開け放ってしまうという。そこからは、ビニールでできた泥棒の人形や、友人のスニーカーコレクションを楽しむことができるのだが、夏にはやはり、バーベキューがメインイベントらしい。

「僕のやることすべてが音楽と結びついていて、趣味でもある。そしてその趣味で僕はお金を稼ぎ、旅をするという生活を送っています。生活そのものが、ひとつの大きな夢というか…。子供がいて、きれいな奥さんがいて、大きい家もあり、そして今は、このインタビューに答えている。2本の腕と、2本の脚があるのが、今の僕自身です。そんな僕なのに、人は“エドゾンは31歳の黒人で、結構いい音楽作ってるんだよ。彼のパフォーマンスのチケット欲しいな”と言ってくれる。こんな状況、16や20歳の頃は、絶対に想像できませんでした」。

エドゾンが生まれたのは、アムステルダムの東の地域。その後、市内を点々としたが、南米北東部の共和国、スリナム出身の両親の下、すくすくと成長した。「十代の頃はよく、ヨルダーンという地域をウロついてましたね。いろんな人がいて、いろんな言葉があちこちから聞こえてきて、すごく刺激的な場所でした」。時代は80年代後半。アムステルダムのヒップホップシーンが、徐々にその熱を増して来た時期だ。「その頃の僕は、他のティーンエイジャーと似たり寄ったりの子供で、何かあれば、すぐに何でもかんでも脚を突っ込んでましたね。ダンスも、ビートボックスも、それにスプレー缶を使ってグラフィティを描いたりもしてました。物事に境界線なんかなかったし、躊躇するという気持ちさえも僕の中にはありませんでした。そういう子供は僕だけじゃなく、みんながそうでしたね。その中でも僕達が特に影響を受けたのが、ロンドンという街でした」。そしてエドゾンが、彼のそのスピニングの技術やミックスで、その名を世間に広めたのが、90年代初頭のことだ。「その頃は、バイブという服屋さんで、毎週土曜日のプレイを始めた時期でした。バイブにはターンテーブルがあって、僕はそのテーブルを、僕のだ!って言い張ってましたね。そこでのパフォーマンスをバイブのスタッフのクライドが認めてくれて、現在行っている、ヒップホップバー「デ・デュイヴェル」での定期的はプレイの話が決まりました。スピニングを始めたのも、バイブからでした。気づいたらレギュラーで回すようになっていて、そうしているうちに、みんなが僕の事を知ってくれたといった感じです」。そして彼のファースト・ミックス・テープを最初に取り上げてくれたのが、オランダの中でもカルト的なラジオ番組「フィラ65・ダッチ・マスターズ」だ。「フィラ65は、ラップ音楽を流すラジオ番組としては最高でしたよ。司会者同士の相性が良かったんでしょうね。みんなが聴いていた番組でした」。

ジョセフ・アバジアンは「ファット・ビーツ」のオーナー。ニューヨークとロスに同名のショップをオープンさせ、成功。そして次なる開拓を夢見て、アムステルダムに上陸したのが、95年のことだ。「今でも謎なんですけど、今だにどうしてジョセフがアムステルダムを選んだのか、誰も知らないんですよね。いつか必ず、明らかにしないと」。
「当時、レコードは全てファット・ビーツで買っていたんですけど、お店に通ううちに、ビックス、SP、ヤン、リカルド、マスタ・リーと知り合いになりました。そしたらある日突然、休暇の季節に入ったから人手が足りない。スタッフが居ない2週間、うちで働いてくれない?ってお願いされちゃって。僕も、二つ返事で“いいよ”って言ってしまい、それ以来、ずっとファット・ビーツで働いています(エドゾンは現在、ショップのマネージャーとして活動)」。ファット・ビーツの人気が高まるのと比例するように、エドゾンの名もアムステルダムで周知されるようになり、ヒップホップDJとしての地位を確立した。「僕にとってファット・ビーツは、ミックステープの制作を後押ししてくれた存在です。助けてくれたから、僕もお礼に力を貸すといった、持ちつ持たれつの関係ですね。利潤を求めるだけではなく、独立したヒップホップショップになるのが目標でした。例えば、ロンドンのボンゴス氏なんかはそれの好例で、彼のショップ自体がコミュニティーそのもの。そしてファット・ビーツも今では、アムステルダムのコミュニティーです。もしかしたら、ヒップホップに精通した人たちや、音楽に興味がある少年達を対象に、僕達はアピール作戦を展開しているんだな、と解釈される人もいるかもしれませんが、ファット・ビーツは、ヒップホップに何かしらの知識を持つ人たちのためのコミュニティーです。つまり、音楽を売り込みたいのなら、良いバイヤーが必要だ、ということです」。以前、そのボンゴス氏の下で働いていたクレイグ・ソロとの出会いも、エドゾンにとっては重要だ。「クレイグとは、とても良い状態で仕事をさせてもらっています。協力し合ってきたからこそ、膨大な数のレコードを売りさばくこともできました。誰もが知っているレコードも、あまり知られていないレコードも、何だって今は手揃えていますよ。そして、このセレクションには、絶対的な自信がありますね。レコードを選ぶのはもう、見極める力と、匂いを確かめるという作業だと思っています。(ドイツ、アメリカ、ロンドンからなどの)観光客も多いですが、ここまでのポジションを手に入れるには、自分で言うのも何ですが、相当努力しました」。

ダイレイテッド・ピープルズや、ビッグ・アル、ロード・フィネッセ、グル、ロスト・プロフェッサー、カンパニー・フロー、アルコホリックス、ジャンキーズ・ブラス・ショートカット、ヴィンロックなどの著名人が、お忍びで訪れる店としても、ファット・ビーツは有名だ。「アムステルダムでライブがある時は、必ずと言っていいほど、ファット・ビーズに寄ってくれるようになりました。この街では、唯一のラップ専門店ですからね。見えないチェーンで繋がれているような感じで、ニューヨークのファット・ビーツに行ったアーティストが、そこで出会ったアーティストにアムステルダム店を紹介されて、アムスに来た時に立ち寄ってくれているみたいです。休暇でアムステルダムに来た時も、プライベートで顔を見せてくれる人もいますよ。ジュラシック5のチャーリー・ツナも、奥さんを連れて遊びに来てくれました。その時は、レコードを何枚か買ってくれましたね。嬉しかったです」。

ここで気になるのが、エドゾンの今後の予定だ。「これからもラジオ番組のヒップホップ120は続けていくし、スピニングもミックステープも制作していきたいと思っています。今、ファット・ビーツで売り出したいなと思っているアーティストが1組いて、彼らのドイツやロンドンでの人気は、なかなかですよ。
来年には、大きなことをいくつかやってみようと思っています。ひとつは、スニーカーのショップをオープンすることで、これはギヨームという友人と進めています。ショップの名前はパッタになる予定で、もちろんアムステルダム市内でのオープンです。パッタはスリナム語で「スニーカー」という意味なんですよ(アムステルダムでは、ストリート文化と言語は、スリナム語とモロッコ語のミックスで作られている)。ヨーロッパの主要都市には、必ずスニーカーショップがあるのに、なぜかアムステルダムにはないんですよね。だから、チャンスというか、そういうショップを作ってもいい時期なんじゃないかな、と思っています。ショップでは、スニーカーだけではなく服も取り扱う予定なので(そしてサイトもオープンする予定)、そういったことに知識のある専門家が必要ですね。ロックウェルや、スプリーム、XL、サイラス、ストゥーシーといったブランドを取り揃えるつもりです。世界中からのアイテムでいっぱいにしたいですね。どこか海外旅行に行く時は、旅先でスニーカーを買うのは、僕の楽しみの一つですしね」。

ということはどうやら、エドゾンはこれからもここ、アムステルダムで頑張ってくれそうな気配である。「生まれも育ちもこの街だし、アムスのことなら何でも知ってますからね。特に東の地域は、もう自分の庭のように知り尽くしてるから、東で何かおいしいものが食べたかったら、すぐにどこかいいレストランを紹介してあげますよ。サド・ウーストで手軽に一杯やりたかったら、僕に聞いてください。お勧めのバーを教えます。それだけじゃなくて、西も、南も、北の地域も僕にまかせてください。電車に乗ると、僕の知っている地域を通るので、すごくいい気分になれます。昔のいい思い出が蘇るので、昔過ごした場所にしょっちゅう行ったりもしてますよ。アムステルダム以外で好きなのは、ニューヨーク。おそらく、アムステルダムと似たような波動があるからではないかと思います。でも、アムスからはやっぱり離れたくないな。60歳になったら、エクアドルに行ってみようという夢はありますけどね。エクアドルの近くに、小さな島を買ったんですよ。それは、開発から島を守るための、エコ・ツアリズムの一環として購入した島です。60歳になった頃には、子供にも手がかからなくなってるでしょうし、奥さんと一緒にその島に行きたいですね。それにそこの島には、アムステルダムやスリナムと違って蚊がいませんしね」。

10月12日には、アムステルダム市内、ビターゾエットにて、ファット・ビーツ7周年パーティーを開催。Jロック、ショートカットといったDJが登場する。DJエドゾンのミックステープは、ファット・ビーツで購入可能。または、ファット・ビーツのサイトでも販売されている。
エドゾンが担当するラジオ番組「ヒップホップ120」は、毎週木曜日、22時〜24時にキンクFMにてオンエア中。

また、デュヴェルに行けば、エドゾンに会うのも可能だ。

Text: Ania Markham from Post Panic
Photos: Richard Vijgen from Post Panic
Translation: Sachiko Kurashina

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE