NIKE 公式オンラインストア

アルス・エレクトロニカ 2003

- - - - -

プリックス・アルスエレクトロニカは、アルスエレクトロニカのコンテスト。今回は85ヶ国から2,714作品の応募があった。(ちなみに文化庁メディア芸術祭は20ヶ国から1,375作品の応募である。)


コンピュータアニメーション部門の山村浩ニと、インタラクティブアート部門の明和電機が準グランプリを取った。さらには、デジタルミュージック部門では、アストロツインとコスモスがグランプリを取るなど、日本人アーティストの活躍がとても目立っていた。

作品の展示としては「サイバーアーツ2003」と、「アルスエレクトロニカ・センター・エキシビジョン」、「CODEエキシビジョン」、「エレクトロ・ロビー」、そして学生だけを対象にした「キャンパス」の5つがある。

サイバーアーツ2003は、いわゆる受賞作品展。日本のアーティストとしては、明和電機の「ツクバシリーズ」、クワクボリョウタの「BlockJam」、中居伊織の「Streetscape」などが展示されていた。

個人的に面白かった作品は、デコイ(仏)の「Aegis Hyposurface」。数えきれないほどのダンパーをコンピュータで制御して金属のポリゴンを立体的に変形させていく作品。全てが動き出すとすごい迫力であるが、いったいいくらの制作費がかかっているのだろう。

もう一つは、アグネス・メイヤー・ブランディス(独)の「Earth core laboratory and elf-scan」。円柱上に切り取られた地層をスキャンすると妖精が見える作品。地層の場所ごとに色々なドラマが見られてとても女性らしい。

インタラクティブアートでグランプリをとった、ミクスト・リアリティ・ラボ(UK)の「Can you see me now?」は、ハイテクをつかった「鬼ごっこ」。ゲームに参加する人はGPSセンサーで相手の位置を確認しながら相手を追いかけていく。体験すると面白いのかもしれないが、ビデオを見ている限りにおいては、あまり面白くなかった。

アルスエレクトロニカ・センター・エキシビジョンは、応募作品の中から受賞作品とは別に選ばれ、アルスエレクトロニカセンターに1年間展示される。こちらで注目を集めていたのは、児玉幸子と竹野美奈子による「突き出す、流れる」。真っ黒な磁性流体が音に反応してあたかも生命のように動きだす作品。円卓のまわりには人が途切れることがなかった。

Minim++の「KAGE」にも多くの人が集まり、思いがけない影の動きにびっくりしていた。

CODEエキシビジョンとエレクトロ・ロビーは、ブルックナーハウスの2階と1階に展示されている。CODEエキシビジョンは、その名の通り今回の“CODE”というテーマにあった作品が展示されている。ジョン前田や、昨年度メディア芸術祭で大賞受賞のブラッドフォード・パーレイの作品や、NHKのデジスタの展示もここにあった。

[NEXT]

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
スティーヴン・チータム
MoMA STORE