ソナー 2003

- - - - -

ソナー・コンプレックスで行われた、ケビン・ブレックタムのパフォーマンスは本当に素晴らしかった。デジタルカメラでステージを映しているのだが、それがクリステン・エリクソンのパフォーマンスの時に背景として使われていたのだ。ラップトップを片手に登場したクリステンが最初に唄ったのは、オフ・チューンの曲。その後披露した曲も、ポップなのだが僕達が普段耳にしているようなものではなく、もっと力強いポップだ。また、ホイットニー・ヒューストンの名曲「I WILL ALWAYS LOVE YOU」のジャケットがプリントされた垂れ幕を、彼女が破くというパフォーマンスもおもしろかった。ちょっと悪ふざけが入ったテイストが好きな僕にとっては、心から楽しめたパフォーマンスだった。



© Advanced Music – Kevin Blechdom

ふと時計を見てみるともう夜の10時。僕は急いで家に戻り、荷物を置き、11時15分から始まるビョークのライブに間に合うように、ソナー・ナイトの会場へと急いだ。会場には入るまでには長蛇の列に並ばなければならず、中に入れた時にはもうすでにライブが始まっていた。僕が最後に彼女の姿を見たのは10年前のこと。イギリスのグラントンベリーという街だったという記憶がある。その時僕がいた距離からは、彼女は4ピクセルぐらいの大きさで見えたのだが、今回彼女のライブが行われたソナー・クラブという会場はかなり大規模だったため、せいぜい1ピクセルぐらいの大きさの彼女しか見えなかった。会場にいるのに、設置されたスクリーンばかり見るのはあまりに味気ない。しかし今回は、家でCDを聴いているのとあまり差はないのではないかと思われるほど、会場は広かったのである。さて、ビョークに話を戻すと、彼女の声は思わず髪の毛が立ってしまうのではないかというほど不思議な力を持っていたような気がする。

© Advanced Music – Bjork

演出で使われていたビジュアルも素晴らしかったが、ただ4本のビデオを流して、ステージ前方で花火を散らすよりも、もっと手の混んだ作品を見せて欲しかった。しかし、ヒット曲ばかりではなく、あえて聴いたことがないような曲を多く披露してくれたのは嬉しかった。ハンターという曲は、アーティストである存在と彼女のキャラクターの境界線が曖昧になった曲で、小柄な彼女らしく、ピョンピョンと跳ね回りながら唄ってくれた。また、バッチェロレッテハイバーバラードも素晴らしかった。オール・イズ・フル・オブ・ラブの時は、クリス・カニングハムのビデオが流されなかったのだが、これはおそらく、ステージでは音楽とビデオがシンクロしすぎるからではないかと僕は予測している。ヒューマン・ビヘイビアは、僕自身とても感動した一曲。彼女の声が抑揚する毎に、緑や黄色の光の波が僕の頭の中で揺れるようなイメージだ。どの曲も本当に耳に心地良く、ライブ終了後数日間は、気付くと彼女の曲が頭の中でリピートされていた。結局ビョークは、18曲を熱唱。アンコールには残念ながら応えてはくれなかった。かなり期待していたせいもあり、何だか物足りない気にもなったのは、僕だけではなかったと思う。

© Advanced Music – Aphex Twin

オキサイド&ニュートリオのライブも予定されていたのだが、急きょ中止されたため、ヴァディムが穴埋めをするという形になった。ムーチョ・ムカッチョというカタロニア人ラッパ−がいるのだが、彼の登場に関しては僕個人としてはあまり喜べなかった。と言うのは、彼にはラッパ−としての素質が感じられないのにも関わらず、ヴァディムと仲が良く、常にヴァディムとパフォーマンスを共にしているのかがわからないからだ。僕は時間潰しのために彼らのパフォーマンスを見ていたが、同行していた友人達はすぐにその場から離れるという有り様だった。僕自身、次のエイフェックス・ツインまで待ちたいという気持ちがあったが、彼らが言っていた通り、こんなひどいパフォーマンスを見続けるぐらいなら、家に帰って寝た方がましだった。

14日。最終日のこの日、僕はノルウェーのスモールタウン・スーパーサウンドと、イタリアのピエモンテグルーヴのショーケースを見たいと思っていた。しかし、僕が−番最初に着いた会場ではスーパーコリダーのジェイミー・リデルがパフォーマンスを行っていた。騒がしいものだったが、とても印象深かったし、オリジナリティに溢れていた。観客もとても楽しんでいたようだ。

© Advanced Music – Jamie Lidell

ソナー・ビレッジでパフォーマンスを行ったのは、パペットマスターズ。広い会場に歓声が響きあたりを見渡しても最初は何が起こったのか分からなかったのだが、ステージでヒップホップと人形を使ったパフォーマンスが行われていた。

© Advanced Music – The Puppetmastaz

ピエモンテグルーヴのステージを見ながら、ストレック vs アズモのショーもちらちらと見ていたのだが、ラブリーなテイストが、時々エレクトロに変化するパフォーマンスを展開していた。本当のオリジナルを聴くのは、何だか原点に戻るようでほっとした感じで良かった。

© Advanced Music – Jaga Jazzist

ノルウェーのジャガ・ジャジストのパフォーマンスは最高。観客も大盛り上がりで、熱気がみなぎっていた。バイブラフォンのソロや力強いドラム、それに素晴らしいブラスバンドなど、どこをとっても最上級。ただひとつ残念だったのは、ミキシングデスクからのエレクトロビートがトランペットやギターのソロを邪魔していたことだ。

休憩には、ソナー・ビレッジを利用し、パルスプログラムなどのビジュアル作品を楽しんでいたのだが、僕はここでも、スペインならではのフレンドリーな雰囲気を楽しむことができた。僕は友人達と一緒に、知り合いの家にソナーの期間中泊まらせてもらっていたのだが、知り合いの友人を含め、行動を共にし、楽しめる友達がいるのは、すごく良かった。まるで、十代の若者以上の勢いで盛り上がっていた僕ら。イベントに行き、ちょっと家に戻ってシャワーを浴び、お腹を満たし、そしてアンダワールドを見にまた会場に戻る、ということを睡眠も惜しみながら繰り返し、これがずっと続けばいいとも考えたりしていた。


© Advanced Music – Underworld

アンダーワールドのライブが行われた会場は、昨日ほど混雑はしていなかったが、彼らを待ちわびる人でいっぱいだった。ヒット曲を披露してくれたアンダーワールドだが、こちらとしてはスローテンポの曲を聴きたかった気分。しかし、ペース的には特に問題はなかったのだが、アンダーワールドからはどこか想像力に欠けている印象を受けた。全体的にやや単調であったし、ヒット曲以外は、何だかしゃきっとせず、似たようなものをリピートしているようだった。楽しかったし踊ることもできたが、オービタルのようなライブからはかなり懸け離れていたものだった。僕が聴きたかったのは、いろいろなコンプレックスチューンであり、アンダーワールドからは、質の良いドラム音と力強いバス音を期待していたのである。


© Advanced Music – Jeff Mills

ジャイルス・ピーターソンも見てみたいと思っていたのだが、残念ながらアンダーワールドのライブが終わった時には、もう終わってしまっていた。ジェフ・ミルズのパフォーマンスまで、僕はビールを飲んだりしながら時間を潰していたのだが、その時に、僕が最初の職場に就職する前から、彼とはダンス仲間だったことを思い出していた。これはかなり昔の話だが、彼はその時から比べても、全然変わっていない。その時から彼は、テクノ好きで、はちゃめちゃだった。今でもジェフは、僕達をテクノの深い所まで連れて行ってくれるし、ちょっと盛り上げてくれるような曲を提供してくれることも忘れない人物だ。そうこうしている内に、レディトロンの出演時間が迫ってきた。友人達と、やっぱりジェフは、いいねと確認し合いながら、僕達はその場を後にした。

ニュー・オーダーに関しては、僕はほとんど無知だったのだが、参考資料に書かれている以上に、彼らは素晴らしいパフォーマ−を行ってくれた。レディトロンが盛りだくさんのステージを披露してくれたのに対して、彼らのはおとなしめのパフォーマンス。でもそういったプラスとマイナスがあることで気分転換をすることもできた。


© Advanced Music – Ladytron

ユーモアたっぷりのステージを披露してくれたのは、DJヘル。あっと言わせるようなエレクトロを聴かせるとライブ前に公言していたDJヘルだが、実際耳に届いたのは何だかエレクトロとはちょっと違う音。あれは、イギー・ポップ・アンド・ストゥージズの曲だったのであろうか?そのストゥージズの「アイ・ワナ・ビー・ユア・ドッグ」を上手くエレクトロっぽく編曲し、その曲を聴いていると、まるではじめからその曲はエレクトロ風に作られたような錯角に陥いってしまう。会場が熱気に包まれたところで次に彼が流したのは、心地よくも乱暴なギターのサウンド。ソナー・パーク全体が、ギターの音で包まれたようだった。

このライブが行われていた時は、なんともう朝の4時や5時といった時刻。僕達のテンションもDJヘルのお陰で最高潮だ。そして遂に、ローラン・ガルニエがファイナルを飾る時間でもある。昨日、素晴らしいジャズのステージを行ってくれたブッゲ・ヴェッセルトフトも助っ人として登場。魔法のようなトランペットの音色を届けてくれた。それを聴いていた時に、僕はなぜか、子供時代にドナ・サマーの「アイ・フィール・ラブ」を良く好んで聴いていたことを思い出した。その30年後の現在の僕もまだこの曲が好きだと両親に言っても、きっと信じてくれないだろう。ガルニエは昔の曲を中心に流していたのだが、それらは本当に昔のものが多かったので、人によっては小学校時代ぐらいに戻った気分になった人もいるのではないのだろうか。またガルニエは、セクスプレスやKDFの3AMエターナルの生楽器バージョンも披露。生の楽器音を聴いたのは、このステージが初めてだったことに気付き、僕は改めてその事実に驚いた。

© Advanced Music – Laurent Garnier and Bugge Wesseltoft

DJヘルの時にはロックギター。そしてガルニエの時はたくさんの楽器。次は何が来るのだろうか?と期待が嫌がおうにも高まる。ふと会場の上に目線をやると、空が白んできてることに気付いた。一晩中踊り続けているのに、どの観客の顔にも笑顔が浮かんでいる。疲れている人など、誰もいないようなのである。会場を後にした僕達は、思わずくすくすと笑い出した。と言うのも、ガルニエの今回選曲した昔の曲の数々は、僕達が十代のころに必死になって集めていたレコードコレクションそのものだったからだ。一人の女の子がサタデー・ナイト・フィーバーの調子で僕らを踊りに誘ったが、3回くるっと回転しただけでもう僕はフラフラで、みんなの笑いを誘うという状態だった。雲の後ろから徐々に光の強さを増す太陽が上がってくる中、そんなばかなことをしている僕らは、この素晴らしい週末を最悪の姿で終わらそうとしていたが、ソナーは来年もやってくる。今年のお祭りは終わり、そして僕達に残ったのは何だかもの悲しい、寂しい気持ちだけだ。霧吹きのような雨を降らす空を、まるで「もっと遊びたい」と懇願するように仰いだ。


Sonar Night

僕はビーチにある超巨大の日傘の下で寝そべっていたのだが、ちょっとおそまつながらも膨らませて形を作る枕をイベントスポンサーが作ってくれたことに感謝していた。今年のソナーは、あえてビックネームばかりではなく、あまり知名度がないレーベルやアーティストの紹介に力を注いだ。また、ドラムやバスをふんだんに使用するジャズテイストをフィーチャ−したのも特徴だ。ニンジャ・チューンが登場しなかったのは個人的に残念だが、それでもソナー自体が着実に発展し続けていることを感じることができた。おそらく、前夜祭をロンドンで行うなど、新しい試みを行ったことが大きいのではないだろうか。もしかしたらそれが、ソナーに参加するすべての人の気持ちをひとつにする唯一の方法だったのかもしれないし、僕自身が、ソナーのこの膨らみ続ける期待への対処法を知らなかっただけなのかもしれない。とにかく今の僕の気持ちは、かぶっている帽子を脱いで、ソナーに敬意を示したい、それだけだ。そんなことを考えながら、そしてサンダルに入った砂の感触を確かめながら、寄せては引いていく波と潮風を楽しんでいた。

観客動員数:89,109人(Sonar by Day:41,609人+Sonar by Night:47,500人)
公式招待客:31カ国、1,611人
参加企業:658社
取材記者:848人(スペイン:439人、海外:42カ国409人)
参加メディア:444社(スペイン:196社、海外:248社)
参加アーティスト:20カ国、387人
公式サイトへのビジター数:138,000人

SONAR 2003
会期:2003年6月12日〜14日
会場:MACBA, CCCB
press@sonar.es
http://www.sonar.es

Text: Ben Vine
Photos: Shinya Sagai, Michiko Ikeda
Transration: Sachiko Kurashina

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE